好奇心にスパイスを。
次期、16期のカレーの学校は広島で開催します!

※新型コロナウイルス感染症の動向により、やむを得ず開催の延期、または中止の可能性があります。ご了承願います。

カレーの学校とは?

水野仁輔が先生(校長)となり、カレーにまつわるさまざまな授業をおこないます。(料理教室ではありません。)
広島では、土日の2日間で90分×6回の集中講座として開催します。
基本は座って話を聞く講義形式ですが、参加型のワークショップや調理デモンストレーション&試食の授業などがあります。

また講義の合間に生徒さんそれぞれが興味のあるテーマごとに分かれて、やりたいことを追求していく1回60分のゼミの時間があります。
スパイスに存分に浸り、朝から晩までカレーのことを考える、楽しい2日間をお過ごしください。



16期募集要項


<日時>
4月25日(土)、26日(日)
10:00~18:00
※開場および受付開始は9:30~
※2日間で90分×6回の集中講義

 

<費用>
34000円(税込)
(参加費5500円×6回、材料費1000円)
 
※当選された方にはオンライン決済サービス「Stripe(ストライプ)」を利用して、クレジットカードでお支払いいただきます。JCBカードはご利用いただけませんのでご注意ください。
※入会金、テキスト代金などは不要です。

 

<募集人数>
30名前後を予定
 

<開催場所>
舟入本町駅周辺
※詳細は後日当選者宛てにメールでお知らせ

<授業内容(予定)>
●第16期(広島)
1限目:カレーとは、何か?
 → カレーという料理の魅力を掘り下げ、既成概念を取り払います。
2限目: カレーのオープンソース化計画(ディスカッション)
 → 未来のカレーをもっと面白がるためにアイデアをひねります。
3限目:スパイスカレードリル(デモンストレーション&試食)
 → カレーをおいしくする7つのテクニックを披露し、解説します。
4限目:スパイスとは、何か?(ワークショップ型)
 → スパイスの基本を習得し、ルールに沿ってブレンドを体験します。
5限目:間借りカレーとフードトラック(対談)
 → 東京カリ~番長リーダーとカレー提供のあり方について語ります。
6限目:インド・パキスタン料理の謎
 → パキスタンで探ったニハリを通してインド料理の魅力に迫ります。

 

応募方法

受付開始:下記ボタンの応募受付フォームからお申込みください。
締め切り:3月31日(火)23:59まで。


応募者多数の場合は抽選となります。
結果は、応募者全員に4月11日(土)頃までにメールでご連絡いたします。

期日を過ぎても結果メールが届かない等ありましたら「info.curryproject@gmail.com」までご連絡ください。

 

※「カレーの学校」からのメールが届くように下記のアドレスを2つとも受信可能に設定してください。

1:運営からの個別メール
info.curryproject@gmail.com

2:メール配信システムからの一斉メール
info.curryproject@pb02.wixshoutout.com

© curry-project.com

  • Instagram
  • Twitter